『ザ・スリングショット~男の物語』

『ザ・スリングショット~男の物語』(全20話)見終わりました。

SOM-top.jpg

初めの方は暗くて重たくて、なかなか見るのが進みませんでした。

このドラマの脚本家のソン・ジナssiって『砂時計』や『太王四神記』を手がけた方なんだけど、この方のドラマって序盤はどうも、だめなんです。この二つのドラマもそうだったので。
でも最初はだめでもどんどんひきつけられるストーリー展開で目が離せなくなるんですよね。
この『ザ・スリングショット』もそうでした。

話は簡単にいうと、平凡な生活を送っていたキム・シン(パク・ヨンハ)が、借金苦で自殺した兄の復讐のために、自殺に追い込んだ男、チェ・ドウ(キム・ガンウ)に立ち向かうという話。

主役のキム・シンを演じた、パク・ヨンハssi.。

MansStory-cast6.jpg

アクションシーンもこなし、今までのソフトな印象を打ち破ったと思うのだけど、韓流友が、このパクちゃんは「母を訪ねて三千里のマルコ少年よ。」なんていうからもう、マルコにしか見えなくて。
主役なのに、残念でした。カッコよく見えなかった。


MansStory-cast7.jpg

キム・シンの復讐相手のチェ・ドウ演じる、キム・ガンウssiは映画「ソルミド」などに出演されているそうなんだけれど、私は、お初。
このチェ・ドウはサイコパスで、罪の意識が全くなく、みていてゾッとすることが、何度もありました。
見事な演技力でした~


キム・シンとチェ・ドウ、二人の男の間で揺れるソ・ギョンア役を「マイガール」に出演したパク・シヨンが演じているのだけど、

MansStory-cast3.jpg

演技力がないのか、何を思っているのか、どんな感情なのか全く理解できず。
他の人が演じていたら、もっとギョンアのすることが理解できたかも~


このドラマは脇役の方たちの方が個性的でよかったと思います。

なんといっても、パク・ギウン君演じる、アン・ギョンテ、マジンガー先生?

MansStory-cast1.jpg

今までのパク・ギウン君が演じたキャラクターとは全く違っていて、かなり独特なキャラ。
黒ぶち眼鏡にいつもヘッドセットをしていて、指をプラグに見立てないと話せない人。
おたくなんだけど、とても愛らしく見えたのはギウン君だったからだと思います。

イ・フィリップ演じる国際弁護士のジェミョンは、脚本家のソン・ジナssiがフィリップを念頭に置いて書いた役だというので、本当に彼にぴったり。

MansStory-cast4.jpg

すごくかっこよかった?
立ち振る舞いがジフニに見えることがあって、びっくり。
後半、『太王四神記』で共演したキム・ミギョンssiとのシーンは息があっててよかったです。

あと、「イルジメ」や「チェオクの剣」のイ・ムンシクssiは、また、いいスパイス役でした。

MansStory-cast2.jpg

チェ・ドウの妹、ウンス役をしたハン・ヨウンさんは、「私の名前はキム・サムスン」でサムスンがケーキ作りなんかを教えていた後輩役をやった子でした。

MansStory-cast5.jpg

どこかでみたことがあるとおもった。

あと、後半に市長の補佐役として出演された方(オム・ヒョソプssi)は、「カインとアベル」で北朝鮮公安機関の隊長役をされた方で、これまた全くの別人でびっくりした私でした。


『ザ・スリングショット~男の物語』初めはなかなか見るのが進みませんでしたけど、後半は一気でした。なかなか楽しめましたよ。


ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ



スポンサーサイト

2009/11/04(水) | ザ・スリングショット~男の物語 | トラックバック(0) | コメント(22)

 |  HOME  |