スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国映画 『映画は映画だ』 見ました

まだまだ花男熱が継続中なのですが、(実際は花男というより、イ・ミンホ君にドップリ状態)
そろそろ、リハビリを (こういうのをリハビリというかどうか知りませんけど(笑))
と思い、前から見たかったソ・ジソプとカン・ジファン主演の『映画は映画だ』を見ました。

Movie is Movie

簡単にいえば、俳優になりたかったやくざ、ガンベ(ソ・ジソプ)と
やくざのような俳優スタ(カン・ジファン)のお話。

初めはただのやくざ&暴力映画かと思っていたら、そうじゃなかったです。
面白かったです。

私はジファンが目当てだったのだけど、この映画はジソプがカッコいい?
ジソプがいいところをすべて持っていってしまった感じ。
ジソプの目がまたすごくいいのです。
それに哀愁が漂っている後ろ姿なんてシビれます。。

ジソプの部下と一緒に映画を撮ろうと言って、アクションを
スローモーションでしているシーンがお気に入り♪

ジファンのシーンでは、いつもは人目を気にして彼女と外出しないのに
店で彼女と一緒にパフェを食べてるシーンがほのぼのしてて好きです。

圧巻なのはやっぱり干潟での二人の泥まみれのアクションシーン。
もう、どちらか誰なんだが判別不能。
見ごたえたっぷりでした。

衝撃のラストは『映画は映画だ』ということを考えさせられました。。。

良かったです。満足です。
韓国映画で満足したっていうのは久しぶり。


ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ

スポンサーサイト

2009/04/08(水) | 映画は映画だ | トラックバック(0) | コメント(6)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。