『宮 Love in Palace』

韓国ドラマのことを書くのであるなら、まず一番に書かなきゃいけないのが、
『宮 Love in Palace』です。

                  宮

『宮』を見るまで私は結構韓ドラを見てきたのだけど、
これほどハマって繰り返し見たドラマはありません。
これで見事ジフニ堕ちしました。

見たのは今年に入ってからです
地上波で放送されたものを録画したDVDを持っていたのに、
知ってる人出てないし、マンガが原作だし、というので、
ずーと見ないで放置していた私。。。。
もっと早くみればよかった。

『宮』はどんな話か簡単にいうと、
もしもまだ韓国に王室が存在していたら?というテーマで繰り広げられていくドラマです。
ジフニが皇太子のシン役をしているのだけど、はじめは変な髪型だし、セリフは棒読みだし、いまいちでした。

でもドラマが進むうち、初めは冷たくてプライドの高いシンが
ウネちゃん演じるチェギョンに接するうちに、
だんだんと態度が変わってきて。。。
その愛情表現がぎこちなくていいんです。
ツンデレ好きにはたまりません。

シンって嫌なやつと思ってたのが、ちょっといいかも?と思いだしたのは、
シンの誕生会でチェギョンからのプレゼントの上履きを履いてみるところ。
ヒョリンからのプレゼントのMP3プレーヤーを聞くよりも、
上履きの方が先だったんですから。。
シン、ひょっとしてチェギョンに気があるんじゃ?!って最初に思ったシーンです。

シンのチェギョンだけに見せる、ふっとした表情がいいんです。
それとは別にユルへの嫉妬心から出てくる表情なんかも、胸がキューンとしました。

話もとても飽きさせないものだったのだけど、
宮中のセットや衣装がまた豪華で、きらびやかでそれだけでも見る価値はあります。
流れる曲もいい曲ばかりでした?
私はいまだに「宮」のOST、車に乗るときにかけてます。

シンとチェギョンのお気に入りのシーンは沢山あるのだけど、
23話の明洞のゲリラキスの写真をぺったんこ。

ミョンドンキス

この撮影に遭遇した人たちはびっくりしたでしょうね?


ポチッとお願いします!! 更新の糧になります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


スポンサーサイト

2008/12/02(火) | 宮 Love in Palace | トラックバック(0) | コメント(8)

 |  HOME  |