スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

韓国映画 『美しき野獣』

クォン・サンウ、ユ・ジテ出演の韓国映画 『美しき野獣』 を見ました。

     RunningWild1.jpg

血気盛んな問題刑事、ドヨン(クォン・サンウ)そして、エリート出身のカリスマ検事、ジヌ(ユ・ジテ)。
正反対の二人の男が共通の敵を倒すために手を組んで。。

すぐ切れて激情し、暴力ばかりふるっているドヨンには少しも共感できませんでした。
過剰な暴力で捜査を妨害しているとしか思えない。。
実際にその暴力で、自分たちの首をしめることになるし。

アクションシーンをスタントなしでこなしたというのは脱帽。
でも、アクションを売りにしてるだけという気がします。
それにあそこまで汚い格好をしなくてもいいのでは?

それに比べて、ユ・ジテ演じる冷徹なエリート検事ジヌがよかったです。
この映画の主役はユ・ジテだと思います。

それから登場人物が多すぎて、また似たような名前が多くて混乱してしまいます。
人物相関図が欲しかった。
でも脇で、「一枝梅」のボンスンの養父役をやったアン・ギルガンや、
「復活」でいつもポップコーンを食べてた刑事(キム・ユンソク)が出ていたのはちょっとうれしかったです。

ラストがね。
あれでよかったのかちょっと疑問。
私はジヌは検事らしく、法的手段で解決してほしかったのだけど。
それじゃ、野獣にならないか。。



ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 映画ブログ 韓国映画へ
スポンサーサイト

2009/02/15(日) | 美しき野獣 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。