『兄嫁は19歳』見終わりました

『兄嫁は19歳』 (全16話)見終わりました。

良かったです?

一気に最後まで見てしまいました。
こんなにドラマばっかり見てていいの?て思いながら、止まりませんでした。

14話の後半から、もう涙が止まらない展開に。。
スンジェが母に問いただすシーンや、ユミンに真実を打ち明けるところなんて、泣けて泣けて。
15話は特に泣けますね。

スンジェがずーっと切ない立場だったのだけど、後半にきて兄のミンジェも見ていて切なくなって。
二人の兄弟愛にもジーンときます。

兄役のキム・ジェウォンも白衣姿が似合っていたし、
苦悩する長男の姿がよく演じられていて良かったと思います。
実年齢はユン・ゲサンの方が上なのに、キム・ジェウォンの方が上に見えました。

でも何と言ってもこのドラマを引っ張っていったのは、ユン・ゲサン。
初の演技だとは思えないほどの熱演でした。
ケサン君からから目が離せないドラマでした。
ラストのケサン君の爽やかな笑顔が最高でした。

最後にゲサン君が劇中でも歌ってた曲「半分の愛」が流れるMVを。。






ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
スポンサーサイト

2009/01/25(日) | 兄嫁は19歳 | トラックバック(0) | コメント(2)

『兄嫁は19歳』 只今視聴中 第9話まで

『兄嫁は19歳』 (全16話) 第9話まで見ました。

面白いです?

このドラマの主役って、ユン・ゲサンじゃないんでしょうか
名前が出てくる順番は、ユン・ゲサンより、キム・ジェウォンの方が先なのだけど、
ドラマのタイトルも「兄嫁」となってるし、話もユン・ゲサンに感情移入してしまう内容です。
すでに、ユン・ゲサンが、キム・ジェウォンを食っちゃってます。

ユン・ゲサンが演じるスンジェを見てると切なくてたまりません。
スンジェは、兄のミンジェ(キム・ジェウォン)のことも大好きで仲の良い兄弟だし。。
スンジェの辛くてやるせない気持ちも伝わってきて、
私断然、ミンジェより、スンジェの応援をします!!

ユン・ゲサンが歌うシーンもありました?
sister-in law-ep7
日本のアイドル歌手と違って、歌がとても上手?
しびれますね?

ヒロインのチョン・ダビン、私は苦手です。
制服姿はちょっと違和感が。。似合ってません。
でも年が経ってからの設定になってから、髪型が変わったせいか、だいぶ雰囲気がよくなりました?
ちょっと安心して見ていられるようになりました。
今まで、見るに堪えられない状態だったので。
目を見開いた表情なんて、怖くて。。
怖い顔はあまりしなくなりました。よかった。

第9話はキム・ミニ演じるスジがミンジェに「事実をしりたい?」って告白するところ。
これから、どんどん先が気になる展開になると思われます。
記憶喪失の社長がいつ記憶を取りもどし、真実を知ることになるのかも気になります。
すごい楽しみです。


最後に、この髪型すごくないですか?
sooji-mum.jpg
スジのオンマの髪型です(笑)
目が点になりました。



ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

2009/01/24(土) | 兄嫁は19歳 | トラックバック(0) | コメント(4)

『兄嫁は19歳』見始めました

『兄嫁は19歳』 (全16話)見始めました。

sister-in -law


『どなたですか?(ヌグセヨ)』をみて、ユン・ゲサンの他の作品が見てみたくなり、
まず兵役前の『兄嫁は19歳』を見ることにしました。

ケサン君、いいです?
怒ったり、喜んだり、表情が豊かで。
ユミン(チョン・ダビン)のこと、ひょっとして好きかも?って動揺してるところなんて、可愛いです。


チョン・ダビンさん、老け顔なので、19歳には見えないですね?。
よく目を見開いた演技をするのだけど、その顔、とっても怖いです。


キム・ジェウォン、私の”韓流友”が「オバQ」に似てるというので、
それ以来、キム・ジェウォン=オバQにしか見えません。(ファンの方本当にすみません。)


ダビンの弟役をやってる、ホ・ジョンミン君は、弟役が似合いますよね?
『1%の奇跡』でもキム・ジョンファの弟役をやってましたね。
『京城スキャンダル』では、ちらしの3人組の末っ子をしていて、大人になっていてびっくりしました。


このドラマ「交通事故」「記憶喪失」「財閥」という、韓国ドラマの定番の要素が入っていて、
それだけでも楽しめそうです。



ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

2009/01/23(金) | 兄嫁は19歳 | トラックバック(0) | コメント(8)

 |  HOME  |