韓国ドラマ 『砂時計』

今日は、韓国ドラマ 『砂時計』 (全24話)の感想を。。

a0047548_1823929.jpg

このドラマ、韓国で放映されていたときは、
「帰宅時計」(放映時間に間に合うように帰宅するため)とまで言われて、
視聴率もよかったみたいなのだけど、
とても暗くて、内容がわからなくて、やっと2話を見たところで挫折。

なんでこのドラマがそんなに人気があったのか、全くわかりません。という感じでした。

でもヨン様の『太王四神記』と同じ監督であり、
出演者もかなりかぶっているので、『太王四神記』を見るための予習、
ということで、頑張って見てみようと、また見始めました。

見始めるとこのドラマ、韓国の現代史を勉強してるみたいでした。

これを見るまで知らなかった、光州事件にも触れていて、
実際の光州事件の映像なんかも入ってました。社会派ドラマですね。

光州事件のあたりから結構面白くなってきて、最後まで見ることができました

この主人公のテス役のチェ・ミンスは 『太王四神記』では大長老役。

minsu.jpg


ウソク役のパク・サンウォンは

usoku.jpg

『初恋』のお兄ちゃん役や『太王四神記』ではヨン・ガリョ役でも出演してます。
ほんと『太王四神記』と『砂時計』ではキャストがかぶってます。


ヘリン役は『春の日』や『キツネちゃん何してるの?』に出演しているコ・ヒョンジョン。

herin.jpg

この人って、『砂時計』の時と、『キツネちゃん?』の時と全く変わらない印象。
10年以上たってるのに、すごい。でもおしんの小林綾子に似てる。。
財閥婦人だったのに、離婚して女優復帰したんですよね。。


イ・ジョンジェもヘリンを献身的にサポートする役で出ていて、

jehi.jpg

ちょっとグッとくるシーンがありました。


とにかく『砂時計』を見終わった時はほっとしました。あの独特の世界から抜け出せたと。
なんか暗?いドラマで、ヤクザの世界なんかもあって、私はちょっと苦手。
でも社会派ドラマがお好きな方は、どうぞ?



ポチッとお願いします!! 更新の励みになります!!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ


スポンサーサイト

2009/01/03(土) | 砂時計 | トラックバック(0) | コメント(4)

 |  HOME  |