『記憶』 見終わりました

イ・ソンミン、キム・ジス、パク・ジニ、2PMジュノ出演の
『記憶』(全16話)見終わりました。

memory.jpg

この「記憶」は「魔王」「復活」「サメ」を制作したパク・チャンホン監督と、キム・ジウ脚本家の新作ドラマです。
「魔王」と「復活」を作った制作陣が新しいドラマを作ったというのですから、
始まる前から興味がありました。

見てみたら期待を裏切ることなく、とても良いドラマでした。

お話しは40代の法律事務所の弁護士、パク・テソク(イ・ソンミン)がアルツハイマー病を言い渡され、病にどんどん侵されていく体でやり残したことをやり遂げ、また自分の運命を受け入れていくというもの。

主人公がアルツハイマー病で弁護士というドラマは、ユ・スンホ君出演の「リメンバー息子の戦争」というのもありまたね。私は「記憶」の方が好きです。
今視聴中の「町の弁護士チョ・ドゥルホ」も弁護士だし、弁護士ものばかり立て続けに見ていますね(笑)

主人公、パク・テソクは現在は有名な法律事務所のエースなのだけど、15年前に息子をひき逃げ事件で失った過去を持つ人物。このひき逃げ事件がテソクの人生を大きく変えることになり、またその事件がいろいろな事件と絡みあって物語は進んでいくのです。。

もう脚本が素晴らしいのですよ。
それを演じる俳優さんも。

主人公を演じたイ・ソンミンさんの認知症の演技がとってもリアルだったし、主人公の妻を演じたキム・ジスさんもよかった。前妻を演じたパク・ジニさんも。

2PMのジュノが新米弁護士として、出演しているのですが、新米弁護士をよく演じていたと思います。
彼にはポン秘書(ユン・ソヒ)とのラブラインもあったのですが、この二人のラブラインは嫌味なくて微笑ましくてよかったです。

このドラマには胸に響くセリフも多々あり、何度も泣かされた感動作です。
視聴率は他の評判のケーブルドラマのように数字は取れなかったようですが、
お勧めですよ~

125_41_z_hanakuruma.gif ←よろしければ、応援のクリックお願いします^^
スポンサーサイト

2016/05/25(水) | 記憶 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |