『私の期限は49日』 見終わりました

『私の期限は49日』(全20話)見終わりました。

『華麗なる遺産』、『検事プリンセス』と同じ脚本家さんということで、絶対見たい!とは思っていたものの、ヒロインが苦手で(またかっていう感じですよね(笑))2話を見て放置状態。2話のラストも結構衝撃的だったんですけどね~
ですが、もう地上波で放送されると聞き、さすがにもう見ておかなければと思い続きを見てみました。

49days-top1.jpg

交通事故に遭い脳死状態となったジヒョン(ナム・ギュリ)が49日以内に肉親、兄弟以外から真心のこもった涙を3粒得ることができれば生き返ることができる。。。
憑依して、涙を獲得するための49日間の出来事を描いているのですが、良く練られた脚本で、やられた~と何度思ったことか。

でも前半はなかなか乗れなかったんですよね。
登場人物は良く描かれていたんですけど、ストーリーがゆったりと進んでいく感じで、まだ印鑑の話しか~って。
11話くらいからだったと思いますが、やっとエンジンがかかり見るのが止まらなくなりました。

このドラマで一番楽しみだったのが、チョン・イル君演じるスケジューラー。
このスケジューラーっていわゆる死神なのだけど、この死神はとっても明るくて自由奔放。
今までの死神の概念を覆されました。
そして、今までチョン・イル君って役に恵まれていない感じだったのだけど、この役はハマり役でしたね。
生き生きと演じていて好感度アップ!

このドラマが除隊後の復帰作となった、チョ・ヒョンジェssi。
ヒョンジェssi演じるハン・ガンは初めは無愛想で、頑固な感じで、巷で「49日」のチョ・ヒョンジェssiはとっても素敵~という声を聞いていたので、いつになったら素敵になるの?と思いながら見てました(笑)
見ていくうちに、私の中でもハン・ガンはとても賢く、柔軟で行動力があり、とっても素敵な人に変わっていました。

イ・ヨウォンssiはジヒョンに憑依されたソン・イギョンと素のソン・イジョンの一人二役を演じていましたが、明るいジヒョンと生きる望みを失っている暗いイギョンを良く演じ分けていましたね。
このドラマで彼女の苦手意識がちょっと和らいだかも。

シン・ジヒョンを演じたナム・ギュリさんは初めてお目にかかったのだけど、本当にお人形さんみたいですね。
世間知らずなお嬢様が成長していく姿をよく演じていたと思います。
そしてジヒョンがイギョンの体から抜け出す時、いつもスカートの心配をしてたのは私です(笑)

「華麗なる遺産」の脚本家さんということで、「華麗なる遺産」でおなじみの方が沢山出演されてたのもうれしかったです。
中でもパン・ヒョジョンssiが「華麗なる遺産」の時のハルモニとは全くの別人で登場したときはびっくりしました。

思いもよらない嬉しい出演と言えば、アガン@姫の男にこのドラマで会えたこと。
アガンの姿を見た時、「姫の男」を見たの後にこのドラマを見て良かったって思いましたね。
「姫の男」を見ていなければ、可愛いジヒョンの子役ちゃんとしか思わなかっただろうから。
本当にアガンに会えてうれしかった~
わずかな出演でしたが、あの笑顔最高でした^^

ラストも納得いくものでした。まあ意見の分かれるところですけど。
最終回の後半もやられましたね。
まさか?!って。
でも振り返ってみるとそうなる伏線も敷かれてたんですよね。
素晴らしい脚本でした。

『私の期限は49日』、とても良質のドラマでした。
普段何も考えずに日常が過ぎていく私たちに生きることとは?愛情とは?と問いかけたドラマ。
とっても温かみのある、素敵なドラマでした。
お勧めです。


125_41_z_birdsblue.gif ←よろしければ、応援のクリックお願いします^^
スポンサーサイト

2011/10/23(日) | 私の期限は49日 | トラックバック(0) | コメント(12)

 |  HOME  |